企業で役立つOfficeの特徴

企業で役立つOfficeの特徴

今では色んな業種のお仕事でOfficeは役立っています。このソフトはパソコンで文章を作成するには必要不可欠であり、一種の事務用ソフトウェアとして確立をされました。

マイクロソフト社が1986年に販売して以来、日本をはじめアメリカやフランス、イギリスでも活用されており、現在でもワープロソフトの売り上げではトップとなっています。

基本的には文章作成に長けていますが、関連した表計算・パワーポイントなどと組み合わせて使用することも可能です。最初からテンプレート様式のデザインを組み込んでいるため、ご自身で構成などを考えずに作れるという点もOfficeの特徴です。単独の販売をなされていますが、大半が端末に導入された形で手に入ります。

Office製品で文書作成からWeb会議までこなすには

Office製品で文書作成からWeb会議までこなすには

近年、パソコンにインストールするだけではなく、クラウドタイプのOffice製品が登場しています、MicrosoftのOfficeアプリを含むクラウドサービスの総称がMicrosoft365です。テレワーク需要の広がりによって、Web会議をする機会が今までよりも増加しました。Microsoft365にはWeb会議機能が備わっているプランがあり、文書作成機能との親和性が高く、作業効率の向上に繋がります。

Microsoft365の価格はプランにより異なります。

また、オンラインストレージとも連携していると、作成した資料をクラウドで保存したり、チーム内で共有したりといった事がし易くなります。オンラインストレージの共有機能は、様々なデバイスから資料を確認するのにも役立ちます。データの可視化や分析を行うツールは、作成した資料から今後の事業の進め方を検討する際に活用する事が出来ます。